親子間売買の高いハードルをクリアし不可能を可能にします。成功率を比べてください。

①ハードル1

親子間売買・親族間売買はなぜ難しいのか?
現金で取引をするのであれば問題はないですが、住宅ローンを組むとなると、ほとんどの銀行は融資してくれません。親子間の売買は「贈与」という判断になるためです。また、単に住宅ローンを子どもに付け替えしているのではないかという見方なのです。売買とは認識しないので、融資を行いません。
そもそもほとんどの銀行で住宅ローンが組めないので、窓口が少ないためにハードルが高いのです。
ちなみに、メガバンクは親子間売買というだけで、どんなに物件が良くても、借入者の収入が良くともローンは一切受け付けません。これは9割の地銀・信用金庫も同じです。しかし、ごく限られた地銀やノンバンクは融資を行っています。

②ハードル2

親子間売買で住宅ローンの融資を受ける銀行を見つけたとしても、さらにハードルがあります。
住宅ローンを組まれる方の収入・個人信用情報・物件価格の妥当性・何年でローンを組むかなどのハードルです。
ここで、一番躓きやすいのが物件の評価額です。親子間売買は、既にお父様などのローンがあり、そのローン残額を全て返済しなければならないにもかかわらず、評価があまりされないことが良くあります。例えば、1000万円のお父様の住宅ローンが残っている不動産を、息子さん自身が住宅ローンを組むために審査すると500万円の物件評価となり、あと500万円足りないということがおこるのです。
ハードルとして、物件の評価額というものを越えなければなりません。

③それでも「住み続けたい」をかなえる

~メリットが多々あります~

    【メリット】

  • 毎月の返済負担が少なくなるケースが多い。
  • 親子間、親族間での取引のため、外部に経済状況を知られる恐れがない。
  • 学校区が変わらない。
  • 愛着のある自宅に住み続けられる。
  • 引越をしなくてよい(引越代が不要)。
    【デメリット】

  • 親の自宅のローンを組んだお子様が、自分の家の住宅ローンが組みづらくなる。

④我々は不可能を可能にします!

~実績が違います。成功率を比べて下さい

  • 提携先の有力4銀行
  • 私たちへの信用力、、、贈与ではなく適正な売買であることを示します。

我々の成功例は他社の群を抜いております。
「他に相談し無理だったが、可能になった」
「弁護士にもあきらめるように言われたが、親子間売買ができた。」
成功例をあげれば、きりがありません。

⑤もう一歩前へ

~親子間・親族間のローンが通ったとしてもより良い条件で~

  • 金利を安く(1.98%~)
  • 借入期間、融資額など最良のものを選ぶ
  • 売却後のご相談(債務整理)提携弁護士・司法書士の紹介

金利を下げるためのノウハウもございます。

親子間売買・親族間売買とは

自宅を息子さんや娘さんに売却することを「親子間売買」、
ご兄弟等の親戚に売却することを「親族間売買」と呼びます。

親族間売買の注意点

  • ローンを組まれる方(息子様・娘様等)としっかり話合う。
  • 適正価格での売買

低額で売買すると低廉譲渡(市場価格より安く売買)とみなされた場合は贈与税がかかります。

頼れる親族がいない場合やお子様がまだローンを組める年齢ではない場合には、「リースバック」という方法で自宅に住み続けられる方法もございます。

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら