【一般売却】住宅ローンの滞納が始まっていないため、任意売却ではなく通常売却を行い完済できた事例

相談者
神戸市R様
職業
パート
年齢
-
物件
戸建て
ローン残高
1700万円
実勢価格
-
他債務

ご相談の背景

夫婦二人で生活してきたのですが、主人が病気で倒れてしまい、収入が途絶えてしまいました。 どうすべきか悩んでいるときにネットの無料相談をみつけ、メールにて相談させて頂きました。 メール返信と連絡が直ぐにあり、まず何から手を付けていいのか分からなかった状態から脱却できました。 その後、自宅まで訪問頂き、最初はオーバーローンの可能性が高かったため、任意売却についての説明を受けました。 しかし、相談員の方のアドバイスでまだ滞納していなかったこともあり、通常の売却で進めることに決めました。 その後は迅速に動いて頂き、引っ越し先や生活保護についても調べてもらいながら、約1か月で売却することができ、住宅ローンも完済して新たな生活を始めることができました。

相談員から

この案件は、稀なケースです。 まず、土地はR様が相続で所有しており、住宅ローンは建物の費用のみでした。しかも大変キレイにお使いでしたので、滞納を勧めず、売却で完済できることを提案させて頂きました。 また、最初に奥様が早い段階でご相談いただけたことが良かったかと思います。

重要なポイント

任意売却は、住宅ローンを滞納された方が競売によらず自分の意志で売却できる方法です。 だからといって、滞納してから動き始めては手遅れになってしまうこともあります。 相談にこられるタイミングは様々ですが、早いに越したことはありません。 取れる手段が多くあるからです。 R様が売却し完済できたのも滞納前、まだ支払う能力があるうちにご相談いただけたからこそ、だったと思います。

その他の解決事例

【任意売却】競売の現況調査が行われた後でも任意売却ができた事例

相談者
枚方市N様
職業
会社員
年齢
50代
物件
戸建
ローン残高
2,000万円
実勢価格
1,200万円
他債務
カードローン400万円
ご相談の経緯 勤め先が業績不振になり、人員削減のためのリストラを受け、住宅ローンの支払いが困難になりました。 就職活動をしましたが、思うような収入を得られる会社に就職が決まりませんでした。 その就職活動中はアルバイトをしていましたが、生活費を稼ぐので精一杯な状態でした。。 住宅ロ...

【親子間売買】他社で断られたが、親子間売買ができた事例

相談者
神戸市U様
職業
自営業
年齢
50代
物件
戸建
ローン残高
1,100万円
実勢価格
1,000万円
他債務
有り(400万円)
ご相談の経緯 滞納はなかったのですが、法人名義の借入が膨れていき、収入も減ってきているという状況でした。 同居している長男の名義に変更してもらおうと銀行へ相談に行きました。 しかし、長男への借り換えや親子間の売買の為に住宅ローンは使えないなどの理由により、断られてしまいました。 ...

【親子間売買】住宅ローンを半年滞納してしまったが、親子間売買で住み続けることができた事例

相談者
大阪市D様
職業
自営業
年齢
40代
物件
マンション
ローン残高
2,100万円
実勢価格
2,300万円
他債務
無し
ご相談の経緯 今から思うと、自営業が非常に忙しく、収入にも波があったのが原因かと思います。 いつの間にかローン返済を滞納していて、気づいた頃には債権回収会社からの連絡が来ていました。 自宅にも通知や催告などの書面が届いていましたが、自宅に戻っていない日々でしたので気付きませんでし...

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら