【親子間売買】母親が住まなくなった自宅を親子間売買で取得した事例

相談者
西宮市H様
職業
公務員
年齢
30代
物件
マンション
ローン残高
1,500万円
実勢価格
1,500万円
他債務
無し

ご相談の経緯

「住まなくなった自宅を売却をしようと思っている」と母親から連絡がありました。 母親は祖母の介護に付きっきりになっており、生活拠点も祖母宅になっていました。 私は一人暮らしをしておりましたが、いずれは実家に戻ろうと思っていたので、他人に売却するのであれば私が購入できないかと申出ました。 ただ、住宅ローン残債が1,500万円残っているので、その価格以上であれば良いという条件付でした。 預金もそこまでないのでローンを組めないか、いくつかの金融機関をあたってみました。 私の職業が公務員でしたので、問題なくローンが通るだろうと思っていましたが、 母親と売買する「親子間売買」というだけで、どこの銀行も取り合ってくれません。 銀行側からすると、親子間の売買は「贈与」という認識であるので、融資は不可能ということだそうです。 なんとかできないかと思い、インターネットで検索し、親子間売買の実績が多数とあると謳っている「住宅ローン滞納問題相談室」に連絡いたしました。 早速、いくつかの金融機関にあたっていただき、3社から融資可能の連絡をいただきました。 3社の中でもそれぞれ条件(金利、融資額)が異なっていたので、一番金利の安い金融機関を選び、無事に「親子間売買」をすることができました。

相談員から重要なポイント

親子間売買は、成功率は不動産の価値によって変動します。 今回のご相談者のように、公務員でも大概の金融機関は融資をしてくれません。 私どもが仲介に入る事により、贈与ではなく、契約書・重要事項説明書を作成し、通常の売買と何ら変わりないことを証明することによって、金融機関は融資をしてくれます。 また残っているローンを返済しないといけないため、住宅ローン残高>融資金額であれば手出しで追金しなくてはいけません。 今回のケースは、比較的立地も良く十分な融資額が出たので、問題なく親子間売買をすることができました。 他社で親子間売買を断られた、金利を安くしたい等ございましたら、ご相談くださいませ。

その他の解決事例

【親子間売買】住宅ローンの支払いが困難になったが、親子間売買で解決できた事例

相談者
高石市N様
職業
自営業
年齢
50代
物件
戸建
ローン残高
1,000万円
実勢価格
1,000万円
他債務
無し
ご相談の経緯 仕事がうまくいかず住宅ローンの支払いが困難になったので、同居している息子に買ってもらうことを考えました。 しかし、銀行の窓口では、親子間での売買には住宅ローンは使えない、と断られました。 仕方なくネット検索し、住宅ローン相談室というHPを見つけたので、親子間売買につ...

【任意売却】収益マンションをを購入したが、毎月赤字の為、任意売却した事例

相談者
池田市K様
職業
会社員
年齢
60代
物件
収益マンション
ローン残高
3,000万円
実勢価格
2,500万円
他債務
無し
ご相談の経緯 10年前に銀行からの営業をうけ、収益マンションを2物件購入しました。 家賃保証もあり、毎月の支払と収入はちょうど相殺できておりましたのでローン完済後は収入にもなり、資産にもなるという考えでした。 しかし、5年前から家賃保証の会社から賃料減額の改定を受け、支払いの方が...

【親子間売買】「担保不動産競売開始決定」通知が届いたが、親子間売買で競売を回避できた事例

相談者
貝塚市U様
職業
会社員
年齢
40代
物件
戸建
ローン残高
1,400万円
実勢価格
1,200万円
他債務
オートローン100万円
ご相談の経緯 元夫が慰謝料代わりに住宅ローンを支払うという約束でしたが、滞納しておりました。 10年前に元夫名義で住宅ローンを組んで自宅を購入しました。 しかし、夫とは5年前に離婚し、子供と私がそのまま自宅に住み続けてました。 5年間、問題なく住んでいたので突然のことでびっくりし...

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら