【親子間売買】母親が住まなくなった自宅を親子間売買で取得した事例

相談者
西宮市H様
職業
公務員
年齢
30代
物件
マンション
ローン残高
1,500万円
実勢価格
1,500万円
他債務
無し

ご相談の経緯

「住まなくなった自宅を売却をしようと思っている」と母親から連絡がありました。 母親は祖母の介護に付きっきりになっており、生活拠点も祖母宅になっていました。 私は一人暮らしをしておりましたが、いずれは実家に戻ろうと思っていたので、他人に売却するのであれば私が購入できないかと申出ました。 ただ、住宅ローン残債が1,500万円残っているので、その価格以上であれば良いという条件付でした。 預金もそこまでないのでローンを組めないか、いくつかの金融機関をあたってみました。 私の職業が公務員でしたので、問題なくローンが通るだろうと思っていましたが、 母親と売買する「親子間売買」というだけで、どこの銀行も取り合ってくれません。 銀行側からすると、親子間の売買は「贈与」という認識であるので、融資は不可能ということだそうです。 なんとかできないかと思い、インターネットで検索し、親子間売買の実績が多数とあると謳っている「住宅ローン滞納問題相談室」に連絡いたしました。 早速、いくつかの金融機関にあたっていただき、3社から融資可能の連絡をいただきました。 3社の中でもそれぞれ条件(金利、融資額)が異なっていたので、一番金利の安い金融機関を選び、無事に「親子間売買」をすることができました。

相談員から重要なポイント

親子間売買は、成功率は不動産の価値によって変動します。 今回のご相談者のように、公務員でも大概の金融機関は融資をしてくれません。 私どもが仲介に入る事により、贈与ではなく、契約書・重要事項説明書を作成し、通常の売買と何ら変わりないことを証明することによって、金融機関は融資をしてくれます。 また残っているローンを返済しないといけないため、住宅ローン残高>融資金額であれば手出しで追金しなくてはいけません。 今回のケースは、比較的立地も良く十分な融資額が出たので、問題なく親子間売買をすることができました。 他社で親子間売買を断られた、金利を安くしたい等ございましたら、ご相談くださいませ。

その他の解決事例

【リースバック】競売開始決定の通知が来たが、リースバックで住み続けられた事例

相談者
西宮市K様
職業
会社員
年齢
40代
物件
戸建
ローン残高
2,800万円
実勢価格
2,300万円
他債務
カードローン300万円
ご相談の経緯 転職を機に収入が減ってしまい、カードローンやリボ払いでなんとか凌いで生活をしてきました。 しかし、債務の返済に追われ、住宅ローンの支払いを後回しにしてしまい、気付いたときには競売の開始決定の書面が届いてしまいました。 「住宅ローン滞納問題相談室」をインターネットで見...

【任意売却】競売開始決定の通知がきてからでも、任意売却ができた事例

相談者
大阪市A様
職業
パート
年齢
50代
物件
マンション
ローン残高
1,400万円
実勢価格
1,000万円
他債務
無し
ご相談の経緯 主人が亡くなってから一人で生活してきましたが、収入減によりローン返済ができず滞納してしまいました。 家に帰ることも少なく放置したままで、気づいた頃には競売の開始決定が届いていました。 競売になると強制的に退去させられるという漠然とした不安に苛まれ、インターネットで調...

【任意売却】共有名義のマンションを任意売却できた事例

相談者
池田市H様
職業
会社員
年齢
40代
物件
マンション
ローン残高
2,000万円
実勢価格
1,500万円
他債務
なし
ご相談の経緯 主人との離婚を機に共有名義のマンションの処分をしようと思い、まず不動産会社に不動産の価格査定を依頼しました。提示された査定価格は1500万円くらいで、諸費用を含めると更に500万円以上の追加資金が必要であると言われました。 現実的には住宅ローン残債より低い金額でしか...

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら