【任意売却】離婚による収入減で住宅ローンを滞納してしまったが任意売却できた事例

相談者
神戸市E様
職業
会社員
年齢
40代
物件
戸建
ローン残高
3,500万円
実勢価格
3,000万円
他債務
カードローン100万円

ご相談の経緯

離婚後も住み続けていた自宅の住宅ローンが、収入減により払えなくなってしまいました。 他の債務もあり、もともと引っ越しをしたいと考えていたので、売却しようと地元の不動産会社に相談しましたが住宅ローンの残債が大きく、完済での売却は難しいと断られてしまいました。 ネットで調べたところ任意売却という方法を知り、住宅ローン滞納問題相談室に問い合わせてみました。 事情を説明したところすぐに訪問頂き、具体的な任意売却について教えて頂きました。 売却までの流れやメリット・デメリット、他にも住み続けられる可能性がある方法等、説明してもらえました。 私は住み続けるつもりはなかったので、そのまま任意売却をお願いすることにしました。 時間はかかりましたが、定期的に連絡も頂き、無事売却でき、新しい場所で生活できています。

相談員から重要なポイント

ご相談に来られた時には、すでに滞納が進んでおり、一括弁済の通知書(期限の利益の喪失)が届いていました。 ご相談者様が売却を望んでいるのと、住宅ローンの残債については弁護士に相談したい旨を伺っていたので、そのまま任意売却を進めていくことでまとまりました。 売却後についても、破産を希望されていたため、信頼のできる弁護士をご紹介させて頂きました。 離婚により一方がそのまま不動産に住み続けた様々な要因で住宅ローンを滞納をしてしまう方も少なくありません。 養育費や慰謝料がわりに住宅ローンを払ってもらっていたが、いつのまにか未払いになっていたり、離婚による収入減により払えなくなる等があります。 特に前者は居住者が気づかずに取り返しのつかない状況になっている場合もありますので、それらが発覚した際はすぐにご相談ください。

その他の解決事例

【親子間売買】住宅ローンの支払いが困難になったが、親子間売買で住み続けられることができた事例

相談者
和歌山市G様
職業
無職
年齢
65歳
物件
戸建
ローン残高
2,000万円
実勢価格
2,000万円
他債務
なし
ご相談の経緯 退職金を当てにしていたが思っていたほどの退職金支給額ではなく、年金だけでは住宅ローンの支払いが厳しい状況に陥ってしまった。 現役で働いている時は問題なく住宅ローンは支払えていました。 ローン返済は70歳まで、退職金で繰り上げ一括返済する予定を立てていましたが、思って...

【親子間売買】他社ではできなかった親子間売買ができた事例

相談者
吹田市K様
職業
会社員
年齢
30代
物件
戸建
ローン残高
500万円
実勢価格
2,000万円
他債務
なし
ご相談の経緯 両親が定年後に海外へ居住したため、両親の住んでいた戸建を貸してくれることになり、私たち家族は問題なく居住していました。 その後、両親は海外永住を決断しました。その両親からは、今後の生活費や医療費捻出するために貸している戸建を売却するので、退去してほしいと言われました...

【夫婦間売買】住宅ローンの支払いを失念しており、代位弁済されたが、住み続けることができた事例

相談者
奈良市M様
職業
自営業
年齢
40代
物件
戸建
ローン残高
3,000万円
実勢価格
3,000万円
他債務
なし
ご相談の経緯 いくつもの銀行口座を持っており、住宅ローンが引き落とされる口座への入金をつい忘れ、延滞を6ヶ月してしまいました。 単身赴任で自宅に帰っていなかったので届いていた督促の封書にも気づかず、気づいたときには代位弁済後でした。 電話もかかってきていたのですが、知らない番号か...

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら