【任意売却】離婚による収入減で住宅ローンを滞納してしまったが任意売却できた事例

相談者
神戸市E様
職業
会社員
年齢
40代
物件
戸建
ローン残高
3,500万円
実勢価格
3,000万円
他債務
カードローン100万円

ご相談の経緯

離婚後も住み続けていた自宅の住宅ローンが、収入減により払えなくなってしまいました。 他の債務もあり、もともと引っ越しをしたいと考えていたので、売却しようと地元の不動産会社に相談しましたが住宅ローンの残債が大きく、完済での売却は難しいと断られてしまいました。 ネットで調べたところ任意売却という方法を知り、住宅ローン滞納問題相談室に問い合わせてみました。 事情を説明したところすぐに訪問頂き、具体的な任意売却について教えて頂きました。 売却までの流れやメリット・デメリット、他にも住み続けられる可能性がある方法等、説明してもらえました。 私は住み続けるつもりはなかったので、そのまま任意売却をお願いすることにしました。 時間はかかりましたが、定期的に連絡も頂き、無事売却でき、新しい場所で生活できています。

相談員から重要なポイント

ご相談に来られた時には、すでに滞納が進んでおり、一括弁済の通知書(期限の利益の喪失)が届いていました。 ご相談者様が売却を望んでいるのと、住宅ローンの残債については弁護士に相談したい旨を伺っていたので、そのまま任意売却を進めていくことでまとまりました。 売却後についても、破産を希望されていたため、信頼のできる弁護士をご紹介させて頂きました。 離婚により一方がそのまま不動産に住み続けた様々な要因で住宅ローンを滞納をしてしまう方も少なくありません。 養育費や慰謝料がわりに住宅ローンを払ってもらっていたが、いつのまにか未払いになっていたり、離婚による収入減により払えなくなる等があります。 特に前者は居住者が気づかずに取り返しのつかない状況になっている場合もありますので、それらが発覚した際はすぐにご相談ください。

その他の解決事例

【任意売却】一度任意売却を断念したが、相談窓口を変更することによって任意売却ができた事例

相談者
豊中市O様
職業
自営業
年齢
40代
物件
マンション
ローン残高
2,500万円
実勢価格
2,000万円
他債務
カードローン200万円
ご相談の経緯 自営業が立ち行かなくなり、住宅ローンが支払えず、滞納してしまっておりました。 さらに、事業資金として借りていた先からも、自宅の不動産を差し押さえられてしまいました。 どうしてよいかわからず、任意売却を取り扱っている不動産業者に自宅の売却を依頼しました。 当初、担当者...

【親子間売買】同居をするために親子間売買をした事例

相談者
神戸市K様
職業
会社員(サービス業)
年齢
30代
物件
戸建
ローン残高
0万円
実勢価格
2,300万円
他債務
無し
ご相談の経緯 両親の自宅近くに中古住宅を購入しましたが、夫婦共働きで購入したマイホームではなく、 子供を預けたりでほとんどの時間を両親の自宅で過ごすようになりました。 それであれば両親と同居しようという話になり、マイホームの売却をし、両親の自宅で2世帯で暮らし始めました。 同居を...

【リースバック】長期入院でまとまった資金が必要になり、リースバックで資金確保できた事例

相談者
八尾市K様
職業
会社員(メーカー勤務)
年齢
50代
物件
マンション
ローン残高
1,500万円
実勢価格
2,000万円
他債務
無し
ご相談の経緯 健康診断で癌が見つかり、入院をすることになりました。 最初のうちは貯金があったのでなんとかやりくりできていましたが、予想外に長期入院することとなり貯金が底をついてきました。 資金を作る必要があると思い、所有しているマンションの売却を検討しましたが、愛着のある家で退院...

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら