【任意売却】決済間近で差押をされたが、任意売却ができた事例

相談者
神戸市I様
職業
自営業
年齢
40代
物件
マンション
ローン残高
2,800万円
実勢価格
2,500万円
他債務
500万円

ご相談の経緯

事業に失敗し、債務の返済ができなくなってしまいました。 住宅ローンは支払い続けていたのですが、コロナの影響からさらに家計が圧迫されてしまい、住宅ローンを滞納してしまいました。 そこで任意売却を専門にやっているという不動産会社に依頼し、売却活動を行いました。 買い手が見つかったところまでは良かったのですが、また別の債権者から差押えが入ってしまい、話がなくなってしまいました。 不動産会社の担当もあまりわかっておらず、不安感もあり、別のところに相談しようと「住宅ローン滞納問題相談室」に連絡をしました。 相談も迅速にしてただき、債権者とのやり取り・交渉もすぐ動いていただけました。 差押えについては、債務額の一部を売却代金の中から返済することで了承いただき、売却することができました。

相談員から重要なポイント

不動産の買い手が見つかり、契約締結した後、不動産に差押えが入ってしまうことがあります。 この場合、現状より費用がかかってしまうことがほとんどですので、一度頓挫してしまうことになります。 任意売却に慣れていない不動産会社だと、住宅ローンの債権者しか見ておらず、固定資産税や所有者のその他債務まで確認をすることなく進めてしまい、 いきなり差押えが入ってしまった、というケースに陥ることがよくあるようです。 私どもは住宅ローンはもちろん、その他の債務状況・税金関係まできちんとお聞きし、差押えを待ってもらうように動いたり、 差押えが入るにしても、いつ頃入るのか・どのような状況になると差押えられるのかを確認したうえで進めていきます。 特に税金関係は昨今、シビアになってきています。 今回は、税金関係ではなく金融機関でしたので交渉し、債務額の一部を返済することで解除いただけました。 不動産会社に相談にされた結果、解決に至らず困っているという相談も少なくありません。 もちろん、どうしようもなく競売になってしまうケースもありますが、ほとんどは最悪のケースを回避できるものです。 ですので、まずは諦めずに私どもまでご相談下さい。

その他の解決事例

【任意売却】離婚後住宅ローンを滞納。他社に売却を断られた物件も任意売却でき、債務整理で生活再建もできた事例

相談者
泉大津市T様
職業
会社員
年齢
45歳
物件
戸建て
ローン残高
1900万円
実勢価格
-
他債務
あり
相談の背景 離婚してから仕事が忙しいこともあり、金銭管理を怠ってしまっていました。 そのため、住宅ローンを滞納していることに気づいたのは「一括で返済してくれ」という書面が届いてから。 地元の不動産屋へ相談に行くも、住宅ローンを完済しないと売却できないと言われたものの、任意売却とい...

【親子間売買】住宅ローンを半年滞納してしまったが、親子間売買で住み続けることができた事例

相談者
大阪市D様
職業
自営業
年齢
40代
物件
マンション
ローン残高
2,100万円
実勢価格
2,300万円
他債務
無し
ご相談の経緯 今から思うと、自営業が非常に忙しく、収入にも波があったのが原因かと思います。 いつの間にかローン返済を滞納していて、気づいた頃には債権回収会社からの連絡が来ていました。 自宅にも通知や催告などの書面が届いていましたが、自宅に戻っていない日々でしたので気付きませんでし...

【親子間売買】定年後の住宅ローンの支払いから解放された事例

相談者
豊中市T様
職業
会社員(メーカー勤務)
年齢
50代
物件
マンション
ローン残高
1,800万円
実勢価格
1,600万円
他債務
無し
ご相談の経緯 定年が近くなり、住宅ローン残額の大きさに今後のローン支払いが不安になりました。 住宅購入が年齢的に遅かったのですが、今は現役で働いているので住宅ローンは順調に返済できています。 ただ、定年後に住宅ローンが20年も残るのはローン支払いで大きな問題を抱えることになるため...

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら