【任意売却】決済間近で差押をされたが、任意売却ができた事例

相談者
神戸市I様
職業
自営業
年齢
40代
物件
マンション
ローン残高
2,800万円
実勢価格
2,500万円
他債務
500万円

ご相談の経緯

事業に失敗し、債務の返済ができなくなってしまいました。 住宅ローンは支払い続けていたのですが、コロナの影響からさらに家計が圧迫されてしまい、住宅ローンを滞納してしまいました。 そこで任意売却を専門にやっているという不動産会社に依頼し、売却活動を行いました。 買い手がみつかったところまでは良かったのですが、また別の債権者から差押えが入ってしまい、話がなくなってしまいました。 不動産会社の担当もあまりわかっておらず、不安感もあり別のところに相談しようと住宅ローン滞納問題相談室に連絡をしました。 相談も迅速にしてただき、債権者とのやり取り・交渉もすぐ動いていただけました。 差押えについては、債務額の一部を売却代金の中から返済することで了承いただき売却することができました。

相談員から重要なポイント

不動産の買い手が見つかり契約を締結した後、不動産に差押えが入ってしまうことがあります。 この場合、現状より費用がかかってしまうことがほとんどですので、一度頓挫してしまうことになります。 任意売却に慣れていない不動産会社だと、住宅ローンの債権者しか見ておらず固定資産税や所有者のその他債務まで確認をすることなく進めてしまい、 いきなり差押えが入ってしまった、というケースに陥ることがよくあるようです。 私どもは住宅ローンはもちろん、その他の債務状況・税金関係まできちんとお聞きし、差押えを待ってもらうように動いたり、 差押えが入るにしても、いつ頃入るのか・どのような状況になると差押えられるのかを確認し進めていきます。 特に税金関係は昨今、シビアになってきています。 今回は、税金関係ではなく金融機関でしたので交渉し、債務額の一部を返済することで解除いただけました。 不動産会社に相談にされた結果、解決に至らず困っているという相談も少なくありません。 もちろん、どうしようもなく競売になってしまうケースもありますが、ほとんどは最悪のケースを回避できるものです。 ですので、まずは諦めずに私どもまでご相談下さい。

その他の解決事例

【任意売却】競売の申立てが行われた後に任意売却ができた事例

相談者
神戸市K様
職業
会社員(製造業)
年齢
40代
物件
戸建
ローン残高
2,600万円
実勢価格
1,500万円
他債務
有り(カードローン300万円)
ご相談の経緯 カードローン借入の返済で住宅ローンが支払えなくなりました。 当初、住宅ローは問題なく支払っていましたが、ギャンブルで浪費し、住宅ローン支払いのためにカードローン借入を繰り返すようになりました。 次第にカードローン返済も厳しくなり、住宅ローン滞納が6ヶ月続いたとき、競...

【リースバック】元夫の連帯保証人になっていたのが仇に。今の家に住み続けるためリースバックで問題解決した事例

相談者
豊中市A様
職業
会社員
年齢
40代
物件
マンション
ローン残高
2,600万円
実勢価格
2,000万円
他債務
無し
ご相談の経緯 元主人の連帯保証人になっていたことが引き金に、自宅に仮押さえが入ってしまいました。 以前、元主人が事業資金を借入れる際に私が連帯保証人になったのです。その後、主人は他界し、連帯債務の800万円が残ってしまいました。受験生の子供を抱えており、今すぐにというのは無理なの...

【任意売却】期限の利益の喪失届が届いたが、任意売却ができた事例

相談者
奈良市K様
職業
自営業
年齢
40代
物件
マンション
ローン残高
800万円
実勢価格
500万円
他債務
50万円(税金滞納)
ご相談の経緯 飲食店を複数店舗経営していたのですがコロナの影響もあり、以前から滞納がちだった自宅の住宅ローン6ヶ月滞納してしまい「期限の利益の喪失」と書いてある書類が届いてしまいました。 調べてみると、このままいくと競売になってしまうとあり、住宅ローン滞納問題相談室に問い合わせを...

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら